Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マタニティピラティス

 

マタニティピラティスは、出産に向けてとても大きなサポートをしてくれます。

何故なら、骨盤の底筋を鍛えるとともに、分娩時に取る前傾姿勢を確立出来るからです。

ですから、それを予め体で習得しておく事で、楽なお産が期待出来るという事ですね。

実はあの猫のような姿勢、ピラティスでは「オール・フォー・キャット」とかと呼ばれていますが、ヨガにもあるのはあります。

なので、じゃあ、マタニティピラティスじゃなくて、マタニティヨガでもいいんじゃないの?っと思われるかも知れませんが、それがそうでもないんです。

マタニティピラティスもマタニティヨガも、妊娠中の運動不足や出産に向けての姿勢と体力を整えるという面では効果を発揮する事でしょう。

ただ、ピラティスとヨガでは呼吸法が異なり、妊婦さんにはピラティスの方が適しているのです。

何故なら、マタニティヨガは腹式呼吸なのに対し、マタニティピラティスは胸部呼吸だからです。

でも、プレママが大きなおなかで呼吸しながらマタニティヨガやマタニティピラティスをやるのって、すっごく大変でしょう。

それに、妊娠中は、元々腹式呼吸では十分な酸素供給が出来ないというのがあります。

ならば、最初からたっぷりと胸で息を吸ったり吐いたりしながら進めて行くマタニティピラティスの方がベターだという事になって来るんですね。

後、大手のヨガスタジオやフィットネスクラブなんかにもマタニティ専門のクラスがありますね。

ただし、マタニティピラティスはおなかの中の赤ちゃんやプレママに負担が掛からないように、限られたポーズで構成されているという事を知っておきましょう。

確かに、よく見ると、通常のピラティスとマタニティピラティスとでは、随分内容が異なりますね。

という事で、そんなマタニティピラティス、興味と必要性を感じる方は、関連のブログやサイトで情報収集されてみてはいかがでしょうか。