Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ピラティスの基本は胸式呼吸

 

皆さんもよくご存じの通り、ヨガはいかなる場合も腹式呼吸が基本ですよね。
それに対し、ピラティスは意外と知られていないのですが、実は胸式呼吸と言って、肋骨を目一杯広げるような間隔で空気を送り込むんです。

そのため、本当に心身をリラックスさせたい時には、ピラティスを必死に頑張るよりも、のんびりとヨガを楽しんだ方がいいのです。

というのも、胸式呼吸によって刺激された副交感神経は、脳の働きを活発にさせる作用を発揮するんですね。

そこで、ピラティスをある程度やると、頭がスッキリと冴え、パワーが漲って来るとよく言われるのであります。

ピラティスの胸式呼吸は、日ごろ腹式呼吸が主流の人には、思いの他難しかったりなんかします。

というより、私たちは普段、適当に腹式呼吸と胸式呼吸を混合状態で使って、謂わば適当に息をしている部分が否めないんですよね。

だから、いざピラティスで胸式呼吸とか、ヨガで腹式呼吸とかを強制されると、案外苦労するものだったりなんかするんです。

でも、だからこそ、心身を活性化出来る訳で、それもまたそれなりの効果を出し、結果を出してくれるんでしょう。

と、何事もプラス思考に捉えられるようになるのがピラティスが基本とする胸式呼吸による副交感神経の活性化なんですよ。

どんなに怠くてもすぐに動かなければならないとか、のんびりはしていられないという時には、ピラティスの方がお勧めとなります。

ピラティスの基本である胸式呼吸は、鼻から吸って口から吐くもので、これはヨガの腹式呼吸も同じですよね。

どんなエクササイズでも言われるのは、鼻から大きく息を吸って、口からサッと吐きましょうという事でしょう。

またピラティスには、骨盤の底筋を意識して深く息をするブリージングという呼吸法も重要になります。

勿論その場合も、ベースはあくまでも胸式呼吸ですが、このブリージングがマスター出来ると更なるストレス解消が期待出来るので、是非頑張りましょう。