Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ピラティスの服装

 

ピラティス初心者は、見た目に拘る必要などありませんから、服装なんてなんでもいいんです。

まあ何でもいいと言っても、ワンピースとか、ブラウスにスカートなんていうのは勿論NGですよ。

もし、そんな女らしい服装でピラティスをやってくれるインストラクターがいれば、男性の受講希望者が溢れかえるのは間違いないでしょうけどね。

足を上げた瞬間、ショーツがちらりで、たまんないとか言って・・・。

と、まあ冗談はさておき、マジで、初めてのピラティスは、ごくごく普通の動きやすさを重視した服装で十分だと思います。

Tシャツかポロシャツにジャージとかスパッツとかっていう感じでしょうか。

自宅でピラティスをやられる方なら、ルームウェアを着たままというような服装でも全然OKでしょうね。

ピラティスには別にユニフォームがある訳ではありませんから、どこの教室でも、基本的に服装は自由です。

それが中級クラスになって来ると、いよいよ本格的なピラティスウェアが登場し始めます。

でも、これにはちゃんと訳があって、そのレベルのピラティスは、手足の動きが大胆になって来ますからね。

また、体にピッタリフィットする服装の方が深いポーズが取りやすいという事で、徐々に本格的なピラティスウェアが主流になって来るんですね。

それに、随分余分な脂肪が落ちて、筋肉が増えて来ますから、そうした服装も似合う体型になって来ます。

そうなると、今度は何が何でもピラティスウェアでバッチリ決めたくなって来るというものなのでしょう。

ピラティスウェアは、基本的にはヨガウェアと同じですから、どちらを選んでも服装面での支障はないものと思われます。

日本ではまだまだヨガウェアの方が種類が豊富なので、そこからチョイスされるといいでしょう。